乳酸菌サプリ選びのポイント

腸まで届くことが大事

乳酸菌は身体を強くしてくれる健康成分ですが、胃酸に弱いことで知られています。ただし乳酸菌は生菌か死菌かはそれ程関係なく、菌体が腸まで届く数が多ければ多いほど良いとされています。いずれにせよ菌体が胃酸で溶けてしまうと腸まで良い状態で到達しないので、ビフィズス菌などはカプセル化の技術で腸まで菌体を届けるように工夫されているものを選んだ方が良いです。

オリゴ糖が入っているものでないと善玉菌は増えない

善玉菌の99%はビフィズス菌ですが、ビフィズス菌が生きた状態で腸まで届いてもそのまま定着するものは実は少ないです。善玉菌を増やすためには、善玉菌のエサになるオリゴ糖が入っていることが非常に重要。オリゴ糖を常在菌が食べて自然と善玉菌が増えます。

乳酸菌は合う合わないがある。自分に合う菌種を色々試して見つけるしかない

ビフィズス菌や乳酸菌は様々な種類がありますが、誰にも効果がある菌種というのはありません。どの菌種が自分に合うのかは色々試してみないと分からないので、あまり実感できない場合には今まで飲んでいない種類の乳酸菌を選んで自分に合うものを探しましょう。

乳酸菌サプリ人気ランキング決定版

ビフィーナS
ビフィーナSの特徴

ビフィーナは1996年から17年連続で乳酸菌健康食品市場でシェアNO1※1という売れまくっているビフィズス菌サプリです。 腸内善玉菌の99%はビフィズス菌ですが、ビフィズス菌は胃酸や熱に非常に弱いため殆どの乳酸菌サプリではビフィズス菌以外の乳酸菌を使用するケースが多いですが、ビフィーナは森下仁丹の独自のハイパープロテクトカプセル®という2重のカプセル構造に閉じ込めることで胃酸の影響を受けず腸まで届けることに成功しています。90%もの菌が生きたまま腸まで届くのはビフィーナだけでしょう。もちろんオリゴ糖も十分入っていますし、ビフィズス菌のほか、アシドフィルス菌とフェカリス菌の合計3種類の乳酸菌が摂れます。

※1. H・Bフーズマーケティング便覧,1998〜2014,機能志向食品編,乳酸菌類シェア,(株)富士経済(1996〜2012年実績)より

価格 主な成分 評価
初回30日分 2,980円(税込) ビフィズス菌(50億個) / アシドフィルス菌 / フェカリス菌 / オリゴ糖 ★★★★★
ビフィズス菌サプリとしては別格
ビフィーナSはここが他よりも優れている!

実際飲んでみて、顆粒タイプですが味がグレープフルーツのような味で飲みやすいです。また、腸内善玉菌と同じビフィズス菌がダブルカプセルで守られて腸まで届くのはビフィーナだけで、オリゴ糖や2種類の乳酸菌も併せて摂れるので文句なしにおすすめの乳酸菌サプリです。

花菜の選べる乳酸菌
花菜の選べる乳酸菌の特徴

何ともユニークなのは2種類の乳酸菌配合の2袋を15日周期もしくは交互に飲むことで、既存の乳酸菌に慣れさせないようにしていること。 乳酸菌はどの種類が自分に合うのか分からないですが、花菜の選べる乳酸菌は植物性ナノ型乳酸菌、有胞子乳酸菌ラクリス、ビフィズス菌、フェカリス菌EC-12、植物性ラブレ菌、ケフィア菌と多くの種類の乳酸菌を摂れるので全く実感できないという可能性は低くなっているのが強みです。

価格 主な成分 評価
定期コース 初回 1ヶ月分 3,150円 (解約縛り無し) 植物性ナノ型乳酸菌 / 有胞子乳酸菌ラクリス / ビフィズス菌 / フェカリス菌 / ラブレ菌 / ケフィア菌 ★★★★☆
久光製薬 乳酸菌(EC-12)
久光製薬 乳酸菌(EC-12)の特徴

久光製薬のEC-12は乳酸菌の量が1兆個とハンパなく多いのが特徴。ヨーグルト100個分です。ただフェカリス菌は菌の大きさが非常に小さいため、単位量あたりの菌数を多くできるので、単純に100億個入った乳酸菌の10倍の効果があるということではありません。ただ、多いのは間違いないのでフェカリス菌が身体に合う人にとっては良いサプリでしょう。オリゴ糖も入っていますので善玉菌を増やすのにもってこいです。

価格 主な成分 評価
初回30日分 1,900円 フェカリス菌(1兆個) / ミルクオリゴ糖 ★★★☆☆

独自のカプセル化技術を使っているビフィーナSがおすすめ

胃酸に弱いビフィズス菌や乳酸菌は、そのまま摂っても生きたまま腸まで届きにくいと言われていました。 乳酸菌はとても体にいいとされていますが、ただヨーグルトなどで摂るだけでは、腸に届く前にほとんどが死滅してしまいます。 生きて腸まで届けられる乳酸菌は、0.0007%ともいわれています。

ですから、毎日ヨーグルトを食べて乳酸菌をしっかりとったつもりでも、そのほとんどは腸に届いてはいないのです。 メーカーによっては、胃酸や消化液に強い乳酸菌を開発し配合していますが、それでも生存率は低いといえます。 そんななか、乳酸菌を生きて腸まで届けられるサプリメントが開発されました。 それがこのビフィーナです。

カプセル技術に工夫を凝らし、ハイパープロテクトカプセルをつくりあげ、胃酸や乳液に溶かされることなく、ビフィズス菌を90%生きて腸まで届けられることに成功したのです。

ハイパープロテクトカプセル®は、耐酸性皮膜とハイパープロテクト層からなる二層のカプセルで乳酸菌とビフィズス菌を包んで配合します。 この技術によってビフィズス菌の生存率は0.0007%から90%に引き上げることに成功したのです。

ビフィーナSを毎日3錠飲むだけで、必要な善玉菌を補うことができます。 これは、毎日、ヨーグルトなどを食べるよりもよりコストも安いですし、カロリーも低いです。 多くの乳酸菌とビフィズス菌を自分の腸内に生きたまま届けられるので健康のために一度試してみては如何でしょう。

善玉菌を増やすために

善玉菌を増やす方法です。そこで、善玉菌とは?という人もいると思います。善玉菌とは、体に良い働きをもたらすもので、健康づくりに役立つ菌です。  善玉菌を増やす方法は3つあります。まず、一つ目は善玉菌を多く含んでいる食事をとりましょう。善玉菌を多く含んでいる食材とはヨーグルトや、牛乳などです。

 二つ目は善玉菌の活動源となるオリゴ糖などをとることです。善玉菌だけでなく、活動源となるオリゴ糖などを、とると善玉菌の効果は2,3倍にもなります。

 三つ目は悪玉菌をなくすことです。納豆を食べれば納豆菌という菌が悪玉菌をなくしてくれます。

 次は、ビフィズス菌です。ビフィズス菌は善玉菌です。しかも、ビフィズス菌は善玉菌の99.9%を占めています。でも、ビフィズス菌はストレスなどで減少していきます。ですから、ビフィズス菌を積極的に摂取することは健康を維持するにはとても、大事なことです。ビフィズス菌を多く含んでいる食品はニンジンです。ニンジンはビフィズス菌以外にも、栄養分を多く含んでいるのでおすすめです。

 次は、オリゴ糖です。オリゴ糖とは町内の余分なコレステロールや胆汁酸を吸収して排出する働きを持ちます。また、先ほど紹介した、ビフィズス菌を増加させる働きも持っています。オリゴ糖を多く含んでいる食品はアスパラガス、玉ねぎ、キャベツ、ゴボウなどなどありますが、一番多く含んでいるのはてん菜です。

 食生活を注意することで健康な体を作ることができます。皆さん、食生活にお気ををつけて、健康な体作りをして下さい。