ビオフェルミンと乳酸菌サプリとの違いについて

 ビオフェルミンとは、ビオフェルミン製薬が開発した薬です。乳酸菌や、ビタミンC等のビタミンを主成分としています。これらの成分が腸内で有害な菌が繁殖するのを抑えて、腸内環境を整える働きをします。そのため、腹部の膨満感や便秘等に対して高い効果があるとされています。

 現在、日本では便秘に悩んでいる人が多くいらっしゃいます。そのため、腸内環境を整える効果が高い乳酸菌に注目が高まっており、様々な乳酸菌に関するサプリが販売されています。これらのサプリも便秘等への効果は期待出来ます。しかし、ビオフェルミンとこうした乳酸菌サプリは、少し性質が違います。では、ビオフェルミンと乳酸菌サプリとの違いは何なのでしょうか。

 この二つの違いは簡単に言うと、薬か否かの違いという事になります。サプリの位置付けは健康補助食品であり、あくまでも食品に近い分類になります。これに対してビオフェルミンは、れっきとした薬です。乳酸菌を上手く利用して、腸内の乳酸菌の量を増やすという作用があります。また、ビオフェルミンは体内に入ると、乳酸も作り出します。この乳酸によって腸内環境が整うという働きもあるのです。

 乳酸菌サプリは食品に近い物なので、ヨーグルト等のように毎日摂取するのが望ましい物です。対して薬であるビオフェルミンは、腹部が張る、便秘や軟便が続いている等の症状ある時に、その症状を治すために用いる薬なのです。ただし、ビオフェルミンは副作用がない薬なので、慢性的にお腹の調子が悪い人等は続けて飲んでも問題はないです。"